2005年12月19日

皆さんは何の経腸栄養ポンプをお使いですか?

夕方、昨日の患者会で閲覧するために貸し出してくれた
カンガルーポンプの回収に業者さん(新潟の卸です)が来訪されました。

(※新潟でテルモのポンプのレンタル分が残り10台を切りました。
今後の患者さんはカンガルーのポンプのレンタルになるようです。
テルモについてはマンスリーキットは継続、修理等もあと数年は対応してもらえます。
しかし、完全に駄目になるとカンガルーになります。)

昨日の患者さんからの感想や意見を伝えました。

☆以前カンガルーの旧式を使っていた人より

・前と比べてどうか?っていうのはずいぶん昔だから覚えてないなぁ。

・コンテナーが1200までって、(量が)自分には足りないなぁ。
→それならバックもありますが・・・これも1600ですね・・・

・スタンドが弱そう&倒れそう、枕元に置いたら心配?
→多分大丈夫だと思いますが・・・

・バックはいらないなぁ、家でしか使わないから。
→やはりオプションにいましょうかねぇ。

☆以前フレンタの旧式を使ったことがある人より

・ま、いいんじゃない、何でも。

☆テルモしか使ったことのない人より

・バックと聞いたからもっと小さいかと思ったけど、大きいですね。

・充電器と本体の取り外しが結構力が要りますね。

というような感想でした。
あと昼休みに、色々写真を撮っておいてみました。
テルモとカンガルーを並べての比較写真とか。

これでフレンタがあれば最強でしたね。

写真のアップは不精&不器用な性格なのでまたいつかします。

ところで。
このカンガルーをお使いの方いましたら、
備品はどのように出ているのか参考までに教えてほしいです。

新潟で今後どうするか検討中だそうなので。
(特にバックの扱い方)

宜しければコメントお待ちしています。

posted by 繭玉 at 23:19| 新潟 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 患者会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>このカンガルーをお使いの方いましたら、
備品はどのように出ているのか参考までに教えてほしいです。
私のマイミクのクローンライダーさんがユーザーですよ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=60424439&owner_id=1364844
Posted by くろーん40 at 2005年12月20日 13:13
えーーーーーー、テルモのほうがいいよ(;´Д`)
やだなぁ・・・ずっと継続してもらいたいです。
Posted by しゃもじ at 2005年12月20日 20:34
Posted by syamoji at 2005年12月20日 20:37
カンガルーからテルモに乗り換え派です。
カンガルーは、エラー表記や作動音のでかさが気になりましたね。
今はテルモのFE-501(定番?)を使ってますが、作動音も小さいし、設定も簡単なので、ベストだと思います。またカンガルーに戻るんだったらやだなぁ。
Posted by 胡麻 at 2005年12月20日 21:58
コメントありがとうございます。
レスが遅れました。すみません。

クローン40さん
写真とか綺麗にアップされていましたね。
今度メッセを送ってみようと思います。

しゃもじさん
今のものを壊さないように使っていれば、半永久的に使えるそうです。(テルモのマンスリーキットは暫く継続するそうなので)
なのでお互い大事に使いましょうね^^;

胡麻さん
始めまして♪
カンガルーはセッティングしないでボタン操作だけしてみたのですが、確かに大きな音だったかもしれないです。テルモのセッティングもほぼ野生の勘で出来ますしね^^
ちなみにカンガルーの時は別売?のキャリーバックはどういった扱いだったんでしょうか・・・?

ではでは。
Posted by 繭玉 at 2005年12月22日 08:15
キャリーバックって青色のバックの事ですかね?
本来は、必要なら個人負担で買ってくださいって
メーカーから言われたんだけど、値段聞いて「はぁ〜?」って
言って無愛想にしたらなぜか無償貸与でした。(^_^;)
Posted by 胡麻 at 2005年12月22日 23:45
胡麻さん

そうです。青色のバックです。
卸の方は正直どうしようか悩んでいるようです。
頑張って半額位まで値引きしようかとか、
病院に買ってもらって患者さんに貸与という形にするとか。
今後、当県では各病院とのやりとりによって変わってくるかもしれないです。
情報ありがとうございました♪



Posted by 繭玉 at 2005年12月23日 05:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鼻注の準備
Excerpt: 使っているポンプの種類やどんな指導を受けたかによって、人それぞれだと思う。
Weblog: 40歳からのクローン病
Tracked: 2005-12-20 13:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。