2005年09月13日

ぶぐばぐぶくばく

次回公演まで2ヶ月をきります。
台本が出来ていないのでうかうかしてました。

台本を覚えるための前慣らしとして、
外郎売りを覚えなおすことに。




『拙者親方と申すは、お立会いのうちにご存知のお方もござりましょうが、
お江戸をたって二十二上方そうしゅう小田原いっしきまちを登りへおいでなさって
あおものちょうを登りへおいでなさるれば、
らんかんばしとらやとうえもん、只今はていはつ致してえんさいと名乗りまする。』


ここまでは最初から覚えていた部分。
(誤字あります、きっと)
ちなみにここまで一息です。

仕事場から帰りの車の中で、この続きの
『がんちょうよりおつごもりまで・・・系図正しき薬でござる』

を読み上げながら暗記。
(信号待ちの間に朗読、運転中は暗唱)
まぁ、冒頭は自己紹介なので簡単だけど、中盤の早口言葉のオンパレードは
覚えにくいし言いにくいんですよね。がんばろっと。

ちなみに今までは、思いつくと【あいうえおいうえおあ・・・】とか
【あめんぼあかいな】をやったりしながら運転していたので、
ハタから見たら変な人だよね、多分。


posted by 繭玉 at 20:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。